演題登録期間
2017年3月22日(水)~4月26日(水) 5月10日(水)5月17日(水)
発表形式
1. 一般演題(口述発表),2. 症例報告(口述発表),3. 一般演題(ポスター発表),4. 症例報告(ポスター発表),5. フレッシュマン 一般演題(ポスター発表)
演題分類
1. 基礎系,2. 神経系,3. 運動器系,4. 内部障害系,5. 生活環境支援系,6. 物理療法系,7. 教育管理系
応募資格
1. 筆頭演者は関東甲信越ブロックに所属する日本理学療法士協会会員とします。本年4月に理学療法士免許を取得された方もご応募いただけます。
2.「フレッシュマン(ポスター発表)」では、前述の条件に加え理学療法士免許取得後5年以内、あるいは日本理学療法士協会新人教育プログラム未修了の方が該当します。
3. 演題登録に際し、共同演者が理学療法士の場合には共同演者の日本理学療法士協会会員番号も必要となります。筆頭演者および共同演者の正確な会員番号をあらかじめ確認してください。 (申請手続き中の方は99を入力してください。)
応募演題に関する倫理上の注意
1. ヘルシンキ宣言に沿った研究であることをご確認ください。
  特にプライバシーの侵害や人体に影響を与える研究では、対象者に説明と同意を得たことを本文中に必ず明記してください。
2. 原則として厚生労働省の臨床研究に関する指針など医学研究に関する指針に従ってください。
3. 研究内容にレントゲン撮影や侵襲が含まれる場合は、抄録中にそれを施行した人の職種を必ず明記してください。
4. 倫理に関する内容を必ず記載してください。演者の所属する機関の倫理委員会で承認された研究である場合は、その旨を抄録中に記載してください。
応募上の注意
1. 応募された演題内容と学会当日の発表内容が大幅に変わることのないようにしてください。
2. 筆頭演者は1人1演題のみです。筆頭演者として複数演題を応募することはできません。
3. 共同演者の了解を得た上で応募してください。なお,共同演者も筆頭演者と同等の責任を負う事をご承知ください。
4. 内容の類似している演題および他学会や雑誌等で発表済みの演題は応募できません。
5. 研究対象にとって不利となるような属性(人名,施設名等)を記載しないようご注意ください。
6. 採択された演題の取り消しや発表形式の変更は出来ません。
筆頭演者が発表できない場合は、必ず共同演者が発表を行なってください。
7. 演題の採否、および発表形式と演題分類の最終決定は、学会長及び学会準備委員会に一任とさせていただきます。
8. 抄録に関する著作権は第36回関東甲信越ブロック理学療法士学会及び筆頭演者に帰属します。
9. 学会準備委員会では応募上の注意についてのチェックは行いませんので、全て筆頭演者および共同演者の責任において登録してください。 また、誤字・脱字・変換ミスを含め、校正・訂正は行ないませんので、十分にご確認ください。
演題登録上の注意事項
1.演題登録システムを利用しての演題登録となります。
2. 「必須」の記載がある欄は必須事項ですので、データが入力されていないと登録できない設定になっています。
3. 文字数制限
 ・演題名 全角50文字
 ・抄録文字 全角800文字
 ・登録可能な最大著者数 15名まで(筆頭著者+共著者)
 ・登録可能な最大所属施設数 5施設まで
  ※総文字数(著者名・所属・演題名・抄録本文の合計)
   全角1,100文字
  ※半角英数字は2文字を1文字に換算
  ※文字数は、所属機関名や著者の項目間に、それぞれ全角1文字分のスペースがあるものとして計算されます。
4. 抄録本文について
 【目的】、【方法】、【結果】、【考察】、【まとめ】などの小見出しをつけてください。
5. 抄録本文中に所属・氏名等を記載しないでください。参考文献も不要です。
6. 図表は添付できません。
演題登録方法
1. 演題を初めて登録するときは新規登録ボタンをクリックします。暗号通信(推奨)と平文通信がありますが、暗号通信を推奨致します。
  また、平文通信をクリックしても、再度、暗号通信を推奨するUMINの画面が表示されます。
2. 登録を終了する前にパスワードを入れる欄があります。パスワードは(英数6~8文字推奨)任意ですが、普段他でご使用のパスワードと同一にしないで下さい。
3. 登録が終了しますと、登録番号(10000番台)が自動発行されます。
  登録番号の発行をもって、演題応募登録は終了です。(登録された由のメールも送付されます)
  画面に登録番号が表示されない場合は、まだ受け付けられていませんのでご注意下さい。発行された登録番号とパスワードは登録者の管理に依存します。セキュリティの関係から、問い合わせには一切応じられませんのでご注意下さい。
4. 一度登録された演題に修正を加えるときは、確認・修正ボタンを使用します。
  締め切り期限前であれば、登録番号とパスワードを入力することにより、何度でも修正・確認をすることが出来、削除することも出来ます。
5. 修正するたびに、新規登録ボタンを使用すると同一演題が重複登録されますのでご注意下さい。
使用文字について
1. 商標登録(R)マークが必要なときは、該当箇所に®と入力して下さい。
2. ①、②、③のような数字は使用できません。
3. Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ のようなローマ数字は使用できません。英字の組み合わせで、II、VI、XIのように入力して下さい。
4. シンボル(symbol)書体半角(1バイト文字)のαβγ等を使用するとabcなどに自動変換されてしまいますので使わないようにして下さい。
  必ず全角(2バイト文字)のαβγを利用して下さい。
5. 半角カタカナは使用できません。 カタカナは全角で、英字および数字は半角で記入して下さい。
6. タイトルおよび抄録本文で上付き文字、下付き文字、斜め(イタリック) 文字、太文字、改行、アンダーラインを使うときに用いる <SUP></SUP>、<SUB></SUB>、<I></I>、<B></B>、<BR>、<U></U>の記号はすべて半角文字(1バイト文字)を使用して下さい。本文中に単独で < または > を利用するときは、全角文字 (2バイト文字)を使用して下さい。
  例 p<0.05、 CO>2.2
7. 英文や数字を入力する際、O(アルファベット)と0(数字)や、l(アルファベットL小文字)と1(数字)、あるいはX(アルファベット)と×(かける)などきちんと区別して下さい。
8. 音引き「ー」とダッシュ「―」、マイナス「-」とハイフン「-」などの使い分けをして下さい。
9. 英文入力の際にひとつの単語をハイフン(-)で切ることは行わないで下さい。
登録の完了
登録画面でデータを入力後、一番下の「次に進む」をクリックすると、確認画面に変わります。この画面で、入力データを確認してから、登録ボタンをクリックして下さい。これで登録は完了です。
ブラウザについて
UMINオンライン演題登録システムでは、InternetExplorer、Safari、Firefox、Google Chrome以外のブラウザでは演題登録できません。それ以外のブラウザはご利用にならないようお願いいたします。Safariにおきましては、ver.2.0.3(417.9.2)以降のバージョンでご利用可能です。
オンライン演題登録システムFAQ(一般利用者用)
もしうまく利用ができない場合には、お問い合わせの前にUMINホームページで障害が発生していないかまずご確認ください。

暗号文
平文

暗号文登録を推奨しております。

▲ ページトップへ